僕らはみんなけんもうくん

駄目高校生のなんやかんや

ぼくらはみんな(ヽ´ん`)だ

底辺高校生の映画レビュー『カメラを止めるな!』

カメラを止めるな!を遂に見てきた

どうも皆さんこんばんは、底辺高校生のドラのび(@doranobic)です。

この記事のタイトルでレビューって書いてますけど今回は一切レビューしません

なぜなら見て欲しいから!

ということで最近ちらほら名前を見る機会が多くなって、どんなもんかと思い

近所の映画館でやってないから少ない所持金(3000円)を手に遥々名古屋の映画館に行って見てきました

 

もう一回見よう

 

映画のエンドロールを見た後に心の底から、そう決意できる映画でした。

この映画のどこがどう面白かったのかは言えませんが、とりあえず見てきてください

2000円あげるのでとにかく見てください!(おつりは返してください)

 

予告編も見ないほうがいい

f:id:doranobic:20180814224640j:plain

単刀直入に言います、予告編も見ないほうが絶対面白い

この映画のことについて一切何も調べない方が良いです

僕は過去にSWエピソード7を見る前にネタバレを食らって、テンション駄々下がりで映画館に行きました。(それでも多少楽しめましたが)

 

だけどこの映画のネタバレ=面白さ半減ってレベルです

この映画の名前だけ聞いて、気になったのなら今すぐ映画館に行ったほうがいいです。

事前情報はこのポスターだけで充分です、このポスターを見ながらどんな映画か想像しながら映画館へ行くのがオススメです

 

レビューを止めるな!

もはやレビューなんて一切する気無いです、こんなに誰かに見て欲しいと思った映画は初めてかもしれません。

この映画を見たらきっと誰かに勧めたくなるでしょう、いい映画っていうのは誰と共有したくなるものですからね。

 

制作費わずか300万円、インディーズ映画なのに空前絶後の大ヒット!

この間、朝の情報TV番組の映画ランキングみたいな企画でランクインしてました。

f:id:doranobic:20180814235441j:plain

 

インディーズ映画がジュラシック・ワールドとかの制作費何百億円の映画と肩を並べるってありえないことですからね!

 

f:id:doranobic:20180814235750j:plain

 

しかもこの300万円、映画ハンソロのたった2秒分らしいです。

やっぱり大予算=映画の面白さじゃないんですね

こういった低予算インディーズ映画でもアイデア次第で大ヒットするのに映画の可能性を感じました。

 

役者は全員無名俳優、だけど魅力がいっぱい・・・!

この映画に出演している俳優は殆どが名前の知られていない無名俳優です。

無名俳優だから演技が下手というわけではありません、無名俳優だからこそこの映画は成り立っているのいるのだと思います

 

この映画のキャラクターはそれぞれへのあてがき(出演者にあてて作る)で作られたらしくて、役者さんのそれぞれの個性がしっかりとそのキャラクターに現れてたと思います。

 

f:id:doranobic:20180815010950j:plain

 

とにかく語りたい

この映画を見終わった後もずっと興奮が続きます、かくいうぼかぁもこの映画を見た翌日もずっとこの映画について調べ続けてきました。

家に帰るまでが上映時間、興奮は今でも続くほど熱が冷めないです!

 

というわけで以上カメラを止めるな!のレビュー(を一切しない)記事でした。ご清聴ありがとうございます。