ぼくらはみんな(ヽ´ん`)だ

音読でコミュ障治そうずwww 1日目

f:id:doranobic:20170510215726j:plain

 

Konichiwa、いつものぼっち飯の後に本を読む時間をどうせならとブログの更新に使おうと思って教室から書いています。

 

昨夜、記事を更新した後に青空文庫にあった『ぼっちゃん』を30分間朗読したわけなんですが。まだ学校では相変わらず会話が出来ないです。

 

話しかけられることはあるが、相変わらずコミュ障特有の吃りと愛想笑いの日々を過ごしているたわしです。

 

30分音読した感想なんですが、音読を初めて10分くらいで脳がジーーーンとして少し暑くなりました。

 

これが例の音読の覚醒状態だろうか?

音読中に少々吃るときや読めない漢字がある時がありましたが、まあそれは昔の小説やからしゃあない。

 

音読で饒舌になるって効果はまだ実感できないですね。

 

少々人と喋る自信がついた程度かな

 

つまり俺自身コミュ障の壁を破ろうとしてるんだけどそれは日数の鍛錬というか時間の経過が必要みたいな感じだ。

 

今日も夏目漱石のぼっちゃんを音読すると思う。

 

会話とは難しきもので俺は独り言の方が得意なのかもしれんわ。

ネットの友人とSkypeで喋ることはあるが、それは半独り言というか向かい合って話し合ってないからそれは厳密には会話をしてるとは言えない、俺は中学生のときは半ひきこもりで現実よりネットで話すことも方が多かったかもしれぬ

 

だから俺は普段ネットで話す勢いでリアルでも話せれば脱ぼっちできる可能性もあるが、その普段の引き出し方が分からぬ。

 

好きな趣味が話し合える人さえいれば、俺のネットで喋るときみたいの状態になるかもしれぬ。

 

 

書いてて思ったんですが教室を見回してみると半数以上が携帯を眺めている、はたしてこれって異常なんでしょうか。

ぼかぁから見たら少し違和感はありますけど

、よく考えたら昼休みに携帯でブログを更新しているぼっちのぼかぁのほうが異常ですね。

 

今日はこんなところでしょうか、この記事を投稿した後に音読しようと思います。

では